正しい通信制高校の選び方16 How to Decide

通信制高校を選ぶ前に自分の学力と向き合ってみよう

不登校になり通信制高校を選んだ、という事実は同じだとしても、そこに至る経緯、在籍していた学校のレベルなどはまちまちです。通信制高校を選択する前に自分の学力と向き合うことをしないと、通信制高校に入学したものの、授業のレベルについていけない、反対に物足りないという状況にも陥りかねません。

不登校期間が長く、学力に大きな不安がある。小学校レベルからの学び直しは可能か?

不登校の期間が長ければ長いほど学力に不安を感じる人は多いでしょう。現在の日本の教育課程は学習を徐々に積み上げて行くようなイメージで、途中がすっぽり抜けている不登校者が学校に戻ることができたとしても、学習面で置いて行かれた感覚は拭いきれないでしょう。

不登校受け入れ、学び直しを謳っている通信制高校は多いですが、「中学生からの学び直し」としている学校がほとんどです。もし、小学生レベルの勉強から学び直したいと思うのであれば、学力を適切に判断しそれに応じた学び直しプランを立ててくれる、個別指導の通信制高校・サポート校を利用するのが最適と言えます。

進学校で不登校に。大学進学への道を断たれてしまったような気がする…

進学校に通学していて、いじめや苛烈な競争、学校での雰囲気になじめない、など様々な原因で不登校になってしまった人も少なくありません。

通信制高校は全日制高校よりも入学基準が柔軟なため、在籍している人の学力も大きな幅ができます。そして、学校はどうしてもその平均付近で授業を行う場となってしまいます。

学力の高い人が通学する通信制高校の選択を誤ってしまうと、まだまだ伸びしろがあるにも関わらず、頭打ちになってしまう可能性が高いです。その結果、大学進学が望める十分な能力のある人が、進学を諦めるという残念な結果になってしまうこともあります。

不登校になったからといって、進学の道を断たれたということはありません。自暴自棄になったりせず、進学コースを設けている通信制高校やサポート校を検討し、不登校前に抱いていた希望を投げ出さないようにしましょう。

また、通信制高校の進学コースを選んでいても、AO入試や自己推薦入試に力を入れている傾向にあり、難関大学進学を希望している人はもの足らなさを感じるようです。難易度の高い大学を目指している人ほど、個別指導型が最適だと言えます。