正しい通信制高校の選び方12 How to Decide

色々なタイプの通信制高校

通信制高校は全日制高校にはない独自のコースを設定している学校が多くあります。進学、資格取得、技術習得など、高校卒業資格取得を目指しつつ、将来の希望に向かって前進できるのは通信制高校の大きな魅力です。

通信制高校に通いながら、大学進学を目指す!

たとえいま不登校であったとしても、大学進学を諦めることはありません。2009年度間に通信制高校を卒業して大学・短大へ進学した人の割合は、18.5%となっています。ちなみに2002年度間が11.7%ですので、現在はより多くの人が大学進学を果たしていると思われます。

通信制高校やサポート校の大学進学コースを選択すれば、高校卒業資格取得の勉強をしながら受験対策も行えます。高校と予備校がセットになっているような感じを想像してもらえればわかりやすいと思います。

家から出られない状態であっても、自宅訪問型の個別指導を行ってくれる通信制高校・サポート校もありますので、社会復帰へのメンタル面のケアもしながら、大学進学を目指すことも可能です。

通信制高校に通いながら資格取得を目指す!

高校卒業資格取得と同時に社会に出たいと希望している人にとって、資格は就職への大きな武器となります。通信制高校やサポート校には、高卒資格取得を目指しながら、資格取得の勉強もできるコースが用意されている学校が多くあります。主な資格に、TOEIC、英検、美容師免許、簿記、秘書技能検定、介護職員基礎研修、日商PC検定などがあります。

また、個別指導型の通信制高校・サポート校ですと、調剤薬局事務、気象予報士、宅地建物取引責任者、公認会計士、行政書士など、さらに幅広く高度な資格に対応している学校もあります。

アニメ、音楽、ダンス…通信制高校に通いながら夢に向かう

時代のニーズに合わせた全日制高校にはないユニークなコースが多数あるのも、通信制高校・サポート校の特徴です。高校卒業資格の取得を目指しながら、将来の夢に向かって専門的な授業や実習を受けることが可能です。例をあげると、声優、俳優、WEBクリエイター、マンガ・イラスト、ファッション・ビューティー、ミュージック、ダンス、調理、スポーツなどがあり、プロの講師から講義を受けたり、体験授業を受けたりすることができます。

2009年度間に通信制高校を卒業した人のうち、専修学校(専門学校)へ進学した人の割合は20.6%にのぼり、多くの人が通信制高校で見つけた夢の実現に向けて歩んで行っていることがわかります。