正しい通信制高校の選び方11 How to Decide

通信制高校のサポート校って何?

サポート校とは通信制高校の生徒を学習面と生活面から支援して、3年で確実に高校卒業資格を取得するように導いてくれる学校です。サポート校に入学すると、提携している通信制高校に入学することになります。通信制高校よりも、さらに密に個々に合った指導を受けられるメリットがあり、不登校や学力面の不安にも対応してくれます。また、高卒資格取得後の将来のことまで考えてくれるのが通信制サポート校の特徴です。

通信制サポート校と通信制高校の違いは?

サポート校は通信制高校よりも、より自由な雰囲気で、校則などもないことが多いです。通信制高校よりも少人数指導、さらに個別指導を行っているサポート校もあり、生徒ひとりひとりに合ったカリキュラムを組んでもらえます。例えば、「高校卒業資格の取得を目指すと同時に難関大学への受験対策もしたい」といった要望にもこたえてくれるのが通信制サポート校です。

また、メンタルフレンドとして深く付き合ってくれるような体制のあるサポート校を選択すれば、現在不登校であっても、親身になってそれを解消する手助けまでしてくれます。

サポート校と通信制高校、どちらにも通わなきゃならないの?

サポート校に入学すると、提携する通信制高校にも入学することになりますが、通信制高校に通学する必要はありません。サポート校は、提携する通信制高校のカリキュラムに従って、レポート提出やスクーリング、単位取得考査まで行ってくれます。

通信制高校サポート校の学費は?

サポート校の学費はだいたい私立高校と同じくらいだと言われています。別途、併修する通信制高校の学費が必要になります。

費用的には負担の大きくなる通信制高校サポート校ですが、不登校などの問題を解決し、進学やその先の将来の夢の実現も現実的なものにしてくれることを考えれば、選択肢の大きなひとつとなるでしょう。