正しい通信制高校の選び方6 How to Decide

通信制高校を卒業するには?

通信制高校を卒業するには満たさなければならない条件が3つあります。
・3年間在籍する
・必須教科科目74単位以上を取得する
・特別活動に、30単位以上参加する

通信制高校の単位はどのように取るのか?

通信制高校の単位取得の仕方を簡単に説明すると、「レポート提出+スクーリング+単位認定試験に合格=単位取得」となります。

通信制高校のレポートってどんなもの?

通信制高校のレポート提出は各教科、科目ごとの課題を、決められた期限までに提出し、添削指導を受ける形が取られています。

レポートの提出回数は各通信制高校で定められていて、「年間75枚程度」「1単位につき3回ほど提出」「3ヵ月に1回提出」など学校によってまちまちです。また、その内容も学校によって違います。

通学型の通信制高校の場合は、授業中に作成し提出する学校もあります。

自宅で取り組むスタイルを取り入れている通信制高校のレポート課題は、問題集のような形になっていて、取り組む箇所と提出期限が決められていることが多いようです。

通学型の通信制高校でも、レポート課題が必ずしも授業内容と連動しておらず、わからないところは自主的に先生に質問することが必要な場合もあるようです。自宅学習型の場合はスクーリングの日に指導が行われたり、手紙や電話、eメールなどを使って質問を受け付けている体制のある学校もあります。

自宅学習型でも先生が自宅を訪問する個別指導を取り入れている場合は、マンツーマンで指導を受けることができ、その場で疑問を解決できるというメリットがあります。

通信制高校のスクーリング

スクーリングとは、登校して先生から直接指導を受けることです。自宅学習型を取り入れている通信制高校では年間10~20回程度、または年2回の集中スクーリングといった形式を取り入れているところが多いようです。また、通学型の通信制高校の場合は、通学することがスクーリングと認められますので、特に意識する必要はありません。

通信制高校の単位認定試験とは?

学習内容が身についているかを確認するための試験で、二期制を取り入れている学校で年2回各学期末に行われることが多いようです。また、集中スクーリングの際に試験も行う通信制高校もあります。

基準の点数が取れなくても、くりかえし再試験を行ってくれるなど、柔軟な対応をしてくれる通信制高校が多いようです。

通信制高校の特別活動って何?

特別活動とは、入学式などの行事や体験学習、クラブ活動のことを指します。通信制高校を卒業するには、このような活動に30単位(1単位時間50分)以上参加しなければなりません。

週5日通学型の通信制高校では、5日のうちの1日を特別活動の時間にあてている学校も多いようです。