正しい通信制高校の選び方5 How to Decide

通学にする? 在宅にする? 自分に合った学びのスタイルを選べるのが通信制高校

通信制高校の大きなメリットは、自分の生活に合った学びのスタイルを選択できること。通信制高校を選んだ理由を調べた最近の調査では、「自分のペースで学習が進められるから」と答えた人が全体の17.7%、「健康・身体的理由により毎日通学できないから」が全体の8.6%と、26%を越える人が通信制高校のメリットから通信制高校を選んでいることがわかります。

通信制高校のスタイルは「通学型」と「在宅型」の大きくふたつに分けられます。コースとして様々な学びのスタイルが用意されている通信制高校もことが多くあります。自分の現在の状態を確認して、どのような学び方がより自分に合っているか考えましょう。

「5日間通学型」の通信制高校を選ぶ

「自宅でひとりで学習するとルーズになりそう」「クラスメイトと過ごす時間が欲しい」「学園祭など、みんなで作り上げる形の学校行事をしてみたい」。そんな人におすすめなのが、毎日通学する「5日間通学型」の通信制高校です。

5日間通学型でも、先生が前に立ち、みんなで授業を受ける形式の「一斉学習型」と、学習はそれぞれが自分のペースで行い、先生がそれをサポートする「自学自習型」、また専任の先生がマンツーマンで指導してくれる「個別指導型」など、様々なスタイルがあります。

「登校日選択制」の通信制高校を選ぶ

「不登校だったし、毎日登校するのは苦痛。だけど、クラスメイトと過ごす時間も少し欲しいな…」。そんな人には、週に数日通学する「登校日選択制」の通信制高校がおすすめ。単位を取得するためのスクーリングという面接授業を無理なく行えるのもポイントです。単位を取得するために必要なレポートの作成についても、登校日に指導してもらえます。

「在宅型」の通信制高校を選ぶ

「不登校で家から出るのが難しい」といった人のために、家で学ぶ「在宅型」のコースを設置している通信制高校も多くあります。スクーリングは月に1~3回の登校日を設けていたり、年に2回ほど集中的に行ったりするなど、各通信制高校で違いがあります。また、先生が自宅に赴いて指導をしてもらえる「個別指導型」の通信制高校・サポート校もあります。