不登校特集8 Special Contents

通信制高校は「イベントはみんなで、学習は個別で!」

在宅学習型の通信制高校を選択すると、友だちができずに孤独になってしまうんじゃないかと思われる方も多いと思います。在宅学習だからこそ、イベントはより楽しめる内容となっていますし、共通の悩みを抱えた仲間とのふれあいの場ともなっています。

不登校対策のスタートは在宅学習型・個別指導方式の通信制高校が最適

不登校対策ではじめに心がけたいのは、焦らないこと、期待や希望からアドバイスしないこと、コミュニケーションのとれるメンタルフレンドを作ることなどです。その一方で、手をこまねいていれば理想と現実のギャップは大きく頑なな物になっていく可能性もあります。将来に目を向ければ、高校卒業資格の取得、その後の身の振り方まで考えなければなりません。

これを全部自分の手でやろう、考えようとするのは、ご自分も心を痛めている親御さんにとってはかなりの負担ではないでしょうか?

在宅型、個別指導方式の通信制高校サポート校を選択してスタートすれば、不登校対策の経験豊富な講師がその子に合った方法で、段階を踏んで社会とのつながりを築いていってくれます。

在宅型、個別指導方式の通信制高校でもイベントは充実しています

在宅型や、通学型でも個別指導となると先生とのつながりしか生まれず、孤独で暗い高校生活になってしまうのではないか、というイメージを持たれているかもしれません。

しかし、実際には毎月のようにイベントが組まれ、短期留学や修学旅行、体験学習など、同じ悩みを抱えた人たちとの交流の場も豊富です。

また、希望すれば在宅型から通学型へのコース変更も可能で、そこで友人を作るタイミングもあるでしょうし、有志が集まってのクラブ活動なども行うことができます。

イベントはみんなで思いっきり楽しみ、
学習は個別で自分に合ったペースとレベルで進めていく

これが不登校対策の理想の姿ではないでしょうか?