不登校特集4 Special Contents

部屋から一歩も出られなくても、通信制高校に入学できる?

不登校で部屋から一歩も出られない場合は、週5日通学型の通信制高校はもちろん、週に1回の通学日選択タイプでも入学は困難でしょう。自宅訪問してくれる個別指導型の通信制高校・サポート校という選択肢があります。

不登校解消まで手助けしてくれる個別指導型の通信制高校サポート校

通信制高校サポート校とは、通信制高校に通う生徒を学習面と共に、心身の面からも、3年間で高校卒業資格を取得できるように手助けしてくれる学校です。サポート校を利用した人の約9割が3年間での高卒資格取得、通信制高校卒業を果たしています。

サポート校の中には、個別指導型で自宅まで先生が来てくれるシステムの学校もあります。経験を積んだ先生がメンタルフレンドとなり、勉強での小さな成功体験を重ねながら徐々に通学へと導いてくれます。

家庭や学校の外側からのサポートも不登校解消の近道に

親はどうしても不登校になった子を思う気持ちから、自分の希望や理想を中心としたアドバイスをしてしまいがちです。不登校となっている学校も、進路を決める時期が近付けば、鷹揚に構えてはいられなくなるでしょう。

しかし、実際に不登校の子に必要なのはアドバイスではなく、理解です。一歩引いた立場にいる解決のプロに委ねてみるのもひとつの有効な方法ではないでしょうか?

長期の不登校にも対応できるサポート校とは?

不登校の時期が長期になればなるほど、学力の面で不安が大きくなっていきます。個別指導型のサポート校であれば、小学校の学び直しから、その子に合わせた指導が可能ですし、不登校の間の空白を埋めながら、その子が本当に持っているポテンシャルを上手に引き出してくれます。そのうえで、3年間で高校卒業資格が取得できるように考えてくれるのが通信制高校サポート校です。